2016長崎ハウステンボス花火大会!デートイベント情報

2016年の長崎ハウステンボスの花火大会最新口コミ情報です。 無料の穴場スポット、見どころは何?せっかく行くなら宿泊もいいですよね!会場への行き方や駐車場、イベントなどをお届けします。たくさん楽しんで夏の思い出を作ろう!

2016 長崎ハウステンボス花火大会 車いすでも楽しめる方法

ハウステンボスの花火大会は毎年多くの観光客や見物客で賑わっています。

 

中には車椅子の方も見かけますが、せっかく花火を見に行くなら宿泊してゆっくりするのもおすすめです。

 

ハウステンボスには体が不自由な方へのサービスや配慮があるのを知っていますか?

 

車椅子のレンタルや電動カートのレンタルもあるから、車椅子の方も安心して花火大会を観覧できます。

 

車椅子は数に限りがありますが、事前の予約ができるから旅行日程が決まったら、ホテルに車椅子の予約をしておくと安心ですね。

 

施設内のトイレにも車椅子で利用できるスペースが数ヶ所用意されていますし、エレベーターにも車椅子対応機種があります。

 

場内は入出国とホテル間を運行しているバスの乗車口に車椅子用のスロープを用意しています。

 

ゆっくり花火を見たい場合は、早めに特別観覧席を予約しておくと安心です。

 

 

 

f:id:yamahatener:20160706081728j:plain

 

 


宿泊付きで花火大会を観覧したい時は、ハウステンボスJR全日空ホテルが、バリアフリーに対応しているのでおすすめです。

 


ただしハウステンボスの場内全てがバリアフリー対応ではないため、場所によっては通行しにくいところもあります。

 

車椅子の方が宿泊付きで花火大会を見に行く場合、ホテルはバリアフリーである事が重要です。


場内には1ヶ所しかありませんが、場外でハウステンボスに近い場所にもバリアフリー対応のホテルはあります。


花火大会の時は観光客も多く、宿泊していく人も多いので空きがない場合はほかのホテルを知っておくと安心です。


ハウステンボス駅からすぐ近くのホテルローレライはバリアフリー対応ですし、車椅子専用客室などもあるので安心です。

 

観覧席からの観覧が難しい場合は、レストランで食事をしながら観覧する事もできますが、レストランの一部は車椅子での利用ができないところもあります。


花火大会当日はかなりの人で混雑しますから、安全面を考えて、宿泊しているホテルの部屋から見るのも一つの方法です。


予約の時に花火が見える部屋は人気があるので早めの予約が必要になります。

 

ハウステンボスの花火で良い夏の思い出が出来るといいですね。

 

 

 

広告を非表示にする